マラムレシュ (Maramures)で蒸気機関車に乗る!

今回の「マラムレシュ (Maramures) 」の旅行の目的一つがモカニツァ (Mocăniţa) 森林鉄道と呼ばれる蒸気機関車に乗ることです。
ヴィシェウ・デ・スス (Vişeu de Sus)を出発して山間を抜けてきます。

10月の後半、ちょうど秋が深まり、燃えるような紅葉が素晴らしい。
レンタカーを借りて不慣れな道を木造教会などを回っていたので今回はリラックスできました。

 

この森林鉄道は1930年代初頭に山から材木を運搬するために作られ、1980年ごろまで運用されていました。

朝9時に定刻通り出発しました。
ジェームス・ボンドみたいなお兄さんがいて、勝手に扉を開けて煙草を吸っていてやりたい放題。。。

しかし、、、30分ぐらい機関車が進むと日本でおなじみの大地震の様な大揺れが。。。。
なんと私達の乗っていた車両が脱線したのです。

ここで先程のボンドが大活躍!俺はエンジニアだ!休暇中なのに働かせやがって!
と悪態をたれながらも、ジャッキで車両を上げ、そこらにある大きな石を噛ませ、1時間後には見事レールの上に車輪が戻りました。
待っている間、私達は家族と写真を取っていました。

その後は途中でおやつタイム。ドーナッツとコーヒーとトイレ休憩。
折返し地点のパルティン駅でランチタイムになります。
河原にピクニックコーナーのようなスペースが作られています。

ルーマニア式のBBQでしたが美味しかったです。運転手にはノンアルのビールもありました!

帰りは半分ぐらい寝ていましたが、素晴らしい秋の風景に感動しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です